敏感肌の原因

敏感肌の原因

美肌力とかぜ予防の生活習慣
  • 美肌のための美肌力とかぜ予防のための体の力を、日頃の生活習慣から備えましょう

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top >"敏感肌の原因

*敏感肌の原因を知って美肌力の生活習慣で美肌力のすすめ*

敏感肌の原因って
 化粧品が合わなくてぴりぴりと刺激を感じたことはありませんか?
 敏感肌の原因を知って美肌力を身につけましょう。 化粧品の中には刺激の強い成分を含むものがありあす。 健康の肌なら何おないのですが、肌のバリア機能が低下が敏感肌の原因になり、刺激を感じる人が増えています。

 皮膚生理学では存在しない敏感肌という肌質。 敏感肌の方は、肌質だと思われていませんか。
 肌質は通常、乾燥肌や脂肌というように分けられていますが、敏感肌に関しては、皮膚生理学上は存在しないということです。

 敏感肌はお肌の状態のことをさすために、バリア機能の低下した状態が原因になり、誰でもが敏感肌になりうるのです。 年々、敏感肌の方が増えています。 化粧品に吹く荒れる成分をお肌の免疫細胞がアレルゲン(異物)と勘違いして排除しようと過敏に反応したり、通常ならば何ともない肌ストレスの刺激を感じてしまうお肌の状態を敏感肌と呼ぶことがあります。

敏感肌の原因

 また、季節の変わり目や月経前後だけ敏感になる肌を不安定肌といいます。 どちらも合わせると女性の過半数が敏感肌だということです。最近は、敏感肌の女性が年々増加しているようで、環境汚染や欧米型の食生活の影響が大きいようです。

●バリア機能の低下が原因で肌ストレスに過敏反応
 敏感肌はその呼び名のように、少しの肌ストレスでもぴりぴりといった刺激を感じてしまいます。肌ストレスの可能性は様々ですが、次のようなものが考えられます。

●防腐剤、保存料
 市販の化粧品の中には、防腐剤や保存料が含まれているものが多く、通常健康な方のお肌には安心して使えるものばかりですが、敏感肌の方には、旧表示指定成分などが原因となり、肌ストレスとなるケースがあります。

●冷たい空気
 冬場の空気は乾燥しているうえに非常に冷たいために肌ストレスの原因になりやすいものの一つです。

●細菌、化学物質敏感肌の原因
 免疫細胞がアレルゲン(異物)として認識し、肌ストレスの原因になりやすいものの代表です。

●紫外線
 肌細胞のDNAを傷つけ老化を加速させるなど、恐ろしい肌ストレスの原因の代表です。

●間違ったお手入れ
 肌のお手いれも、方法を違えると肌ストレスの原因となってしまいます。 ブラシやタオルでごしごしこすったり、強くマッサージをするなどが挙げられます。

 これらの肌ストレスはバリヤ機能が正常に機能していればある程度の侵入を防ぐことができます。
 たとえ侵入したとしても、免疫細胞が過剰反応はしないために、強い刺激を感じることはありません。 同じ肌ストレスを繰り返し受けることで、敏感肌へ変化することありあすので注意が必要です。

●ストレスに負けない健康な肌に
 どのような肌でも、バリア機能の低下で敏感肌になる可能性があり、なりやすいのが乾燥です。 乾燥肌の方は敏感肌になりやすい傾向があります。また、脂性肌の方も安心は出来ません。

 お肌の表面は皮脂でべたついていても、角質の水分量が少ない場合は、同様にバリア機能が低下してしまうためです。 空気の乾燥する季節はお肌の水分を奪われやすいのでたっぷりの水分を与えてその水分をお肌の内部で長時間貯えられるようなお肌づくりを心がけてください。

 何かと忙しい現代人、疲れの原因は人それぞれですが、上手にエネルギーを作り出す身体づくりが疲れを防止につながります。 そして若々しい輝きを手に入れることにおなります。

美肌力とかぜ予防の生活習慣 敏感肌の原因 page top

美肌力
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  美肌力とかぜ予防の生活習慣 All Right Reserved