タイプ別漢方のかぜ薬

タイプ別漢方のかぜ薬

美肌力とかぜ予防の生活習慣
  • 美肌のための美肌力とかぜ予防のための体の力を、日頃の生活習慣から備えましょう

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > タイプ別漢方のかぜ薬

*漢方のかぜ薬はタイプ別漢方のかぜ薬のすすめ*

タイプ別漢方のかぜ薬の使い方
 家庭の救急箱に入れておくかぜ薬です。

 西洋薬がかぜの諸症状に効くのに対して、漢方薬はひき始めに即効性があります。 鼻水が出始めてきたり、背中がぞくぞくしたりするときによく効くのが葛根湯、葛根(クズ)や桂枝(シナモン)、生姜(ショウガ)などの成分が体を温めてくれます。体が温まると、免疫の働きも高あります。

 かぜだけではなく、頭痛や肩こりにも効果があります。ただし、汗が出てきたらもう葛根湯を使う時期ではありません。体力の衰えている人にも不向きです。

  体力の無い人のかぜの初期なら桂枝湯や麻黄湯、鼻水が中心なら小青竜湯、長引くかぜなら紫胡桂枝湯など、症状や体力に合わせて漢方薬はいろいろな処方あるので、漢方薬を扱う薬局で相談してください。

 初期のかぜなら漢方薬をのんで水分を補給し、ゆっくりと寝るのが一番です。 体力中程度で、寒気や頭痛がするかぜのひき始めに。 発熱、くしゃみ、鼻水などの症状があるときや、肩やうなじがつまったような感じがするときにもおすすめ。汗をかいているときには使わない。タイプ別漢方のかぜ薬

●麻黄湯(まおうとう)
 体力が充実していて、寒気や発熱、頭痛があり、体の節々や腰が痛むかぜのひき始めにおすすめ。

●桂枝湯(けいしとう)
 体力虚弱で、寒気、発熱、頭痛、のぼせがあり、自然に汗が出るかぜのひきはじめにおすすめ。

●小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
 体力中程度またはやや虚弱で、薄い鼻水や痰、咳が出るかぜ、花粉症などの鼻水に。水っぽい痰を伴う咳や気管支炎などにおすすめ。

●紫胡桂枝湯(さいこけいしとう)
 体力中程度またはやや虚弱で、かぜがすっきり治らず、微熱や寒気、痰、頭痛、吐き気などがあるとき、胃腸の調子が思わしくないときにおすすめ。

●小紫胡湯(しょうさいことう)
 体力中程度で、食欲不振、吐き気、疲労感などがみられるかぜの最後の症状に。熱が出たり、寒気がしたりするとき。胸からわきにかけてなんとなく苦しいときにもおすすめ。

 注意していただきたい点、麻黄配合ものには、エフェドリンという成分が含まれ心臓作用、血管収縮作用、中枢興奮作用など、ご高齢者、心臓障害をお持ちの方はご注意ください。

美肌力とかぜ予防の生活習慣 タイプ別漢方のかぜ薬 page top

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  美肌力とかぜ予防の生活習慣 All Right Reserved