美肌の象徴コラーゲン

美肌の象徴コラーゲン

美肌力とかぜ予防の生活習慣
  • 美肌のための美肌力とかぜ予防のための体の力を、日頃の生活習慣から備えましょう

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > 美肌の象徴コラーゲン

*美肌の象徴コラーゲンは体内で作るコラーゲンで美肌力のすすめ*

●美肌の象徴といわれるコラーゲンを増やすには
 コラーゲンは、細胞と細胞を綱が得る結合組織の主成分である膠原(こうげん)繊維を構成するたんぱく質の一種です。 皮膚や腱、ジン帯、目の角膜、内臓や血管さらには骨や軟骨組織に含まれています。

 全の30%を占めています。 コラーゲンの構造は他のたんぱく質と異なり、グリシン、ブロリン、ヒドロキシプロリン等のアミノ酸と各種酵素で構成されています。生成過程で酵素の働きをスムース美肌の象徴コラーゲンにするのがビタミンCです。

 ビタミンCが不足するとコラーゲンの精製が出来なくなり、軟骨骨の形成や関節の働き、傷の治癒などで不都合が生じます。 さらに動脈硬化や老化現象も起こるのです。

 このようにビタミンCの働きは単なる美肌・美白だけではないのです。

 ところで、しみの原因となるメラニンは褐色から黒色をした色素まで、表皮の一番下の基底層のケラチン細胞の間に点在するチロシンから生成されます。

 長く紫外線に当たると角質層が厚くなり、弾力性を保つ真皮のコラーゲンが破壊されて、黄色に変性してしまいます。 シワやシミが出来る30歳ごろから皮膚が老化するのです。

 あまり多量の紫外線を受けるとメラニンの生成が高まり、沈着増加の原因を招くことになります。 ビタミンCはこのメラニン生成を抑え、作られたメラニンを還元して色素を薄くする。 そしてコラーゲンの修復と維持にも役立ちます。

ビタミンCは水溶性なので、果実や食物としてでなくサプリメントとしても水で飲むと吸収しやすい性質があります。 抗ストレス作用や抗酸化作用が強くスポーツ選手や喫煙者は、大量にビタミンCが破壊されるため特に必修のアイテムです。

●コラーゲンを飲めばシワが減る?
 体内コラーゲンが不足ししているのではなく、ホルモンバランスの変化がコラーゲン生成に影響しています。

 成長ホルモンや女性ホルモンがコラーゲン生成に関わっているために、加齢とともにこれらのホルモンの分泌が減るために、コラーゲンが作られにくくなっていくのです。 肌にいいからと、コラーゲンを口にし満足していませんか。

●軟骨もコラーゲン
 軟骨は新しいものが生まれてきますが、加齢と共にその再生スピードが破壊のスピードに追いつかなくなってしまいます。 軟骨は骨のような活発な再生メカニズムは持っていないので、いったん弾力性を損なうとなかなか回復しません。

 なかでも、膝や腰のような体重を支える部分の関節は、日ごろからその部分の負担が大きいので、ほかの部分に比べて軟骨のすり減りは一段と早まります。

 軟骨は、そのが50%コラーゲンでできていて、コラーゲン繊維の間にコンドロイチン硫酸とケラタン硫酸というコンニャクのような物質がたくさん詰まってできています。

 運動をすると、軟骨にはとても大きな力がかかりますが、軟骨のクッションが衝撃を吸収してくれるので、私たちは衝撃の痛みを感じることなく動くことができるのもコラーゲンのおかげです。

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > 美肌の象徴コラーゲン page top 


最高級オールインワン美容サプリ《マスターホワイト》 
最高級オールインワン美容サプリ《マスターホワイト》最高級オールインワン美容サプリ
<マスターホワイト>
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  美肌力とかぜ予防の生活習慣 All Right Reserved