かぜと合併症

かぜと合併症

美肌力とかぜ予防の生活習慣
  • 美肌のための美肌力とかぜ予防のための体の力を、日頃の生活習慣から備えましょう

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > かぜと合併症

*かぜと合併症を防ぐ生活習慣でかぜ予防のすすめ*

●かぜを放っておくと発祥してしまう合併症
 かぜの多くはウイルスの感染が原因ですが、かぜをひくと抵抗力も落ちてほかの細菌などにも感染しやすくなります。かぜと合併症

●急性気管支炎
 かぜの症状が気管支に広がって起こる
 痰をともなわない乾いた咳が出た後、症状が進むと発熱、激しい咳が数日間続き、黄緑色の膿のような痰、胸の痛みなどがあらわれる。

●肺炎
 細菌に感染し、肺に炎症が起こる。発熱や膿のような痰、胸の痛み、全身の倦怠感などの症状がでる。進行すると呼吸が浅く速くなり、息苦しくなる。高齢者の4人に一人はかぜから肺炎になるので注意が必要です。

●中耳炎
 鼻と耳はつながっているため、かぜによる鼻の炎症が原因で中耳に炎症が起こる。耳が詰まった感じや痛み、発熱などいがあらわれる。特に子供に多く、かぜの後、耳の痛みを訴えるようなら耳鼻科で診ていただくことをお勧めします。

●髄膜炎・脳炎
 かぜのウイルスや化膿菌などが、脳に感染して起こる。激しい頭痛や高熱、寒気、けいれん、嘔吐を繰り返すなどの症状がでる。

●腎盂腎炎
 細菌が血液に入って、腎臓に感染して起こる。症状は尿の濁りや寒気、震え、高熱、倦怠感、むくみ、腰痛など、慢性化すると腎不全になる事もあるので、早めに内科の受診を勧めします。

気管支喘息の人は注意
 気管支喘息のある人はかぜのウイルスが繁殖しやすく、喘息のい発作が誘発されることがあります。 発症の判断のポイントとして、呼吸するたびにヒューヒューなどとおとがしたらは早めに受診しましょう。 

かぜの原因の90%を占めるのがウイルス、その数は200種類以上ともてわれています。好む環境も種類によって違い、症状も多少異なります。

かぜと合併症

●かぜをひき起こすおもなウイルス
◎冬:低温・乾燥を好むウイルス
 ・インフルエンザウイルス
 症状:原因となるウイルス。くしゃみ、咳のほか発熱、倦怠感、頭痛、間接痛など、全身症状が強くひき起こす。潜伏期間は1〜2日。 こじらせてほかの病気を併発しやすい。

 注意点:流行性が高い、予防接種を受けるのも有効。病人のくしゃみなどで発散したウイルスが鼻やのどの粘膜に付着して発症する。

 ・コロナウイルス
 症状:おもな症状は、鼻水、くしゃみなどのの鼻かぜ症状。 注意点:病院ないで流行している場合、何が基礎疾患を持って経過が長びきやすい。

 ・RSウイルス
 症状:毛細気管支炎や肺炎をひき起こしやすく、乳幼児では重症になることも。感染を繰り返すと軽症化する。成人では肺炎まではいかない。
 注意点:重症化すると呼吸のたびにヒューヒューなどと雑音がする。

◎春秋:季節の季節の変わり目のウイルス
 ・ライノウイル
 症状:いわいる普通感冒をひき起こす代表的なウイルス。おもな症状は鼻かぜ、微熱のどの痛み、だるさ、疲れやすさなども起こる。症状がひどくならないように1日以内〜数日で治癒する。
 注意点;病人のくしゃみや咳で発散したウイルスが、鼻やのどの粘膜に付着し増殖する。乳幼児ではまれに肺炎を起こすこともある。

◎夏:高温多湿を好むウイルス
 ・アデノウイルス
 症状:発熱のどの痛み激しい咳などの症状や、結膜炎など眼の病気、下痢などの症状が出やすい。発熱の持続は5日以内で、首や耳の後ろのリンパ節
が腫れる。咽頭炎の原因となることもある。
 注意点:プールの水を介して流行しする場合が多くプール熱ともいわれる。 乳幼児がかかりやすい。

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > かぜと合併症 page top 

美肌力とかぜ予防の生活習慣
美肌力 編
美肌力とかぜ予防の生活習慣
かぜ予防 編
美肌力とかぜ予防の生活習慣
リンク集 サイト管理
かぜと合併症

◎夏:高温多湿を好むウイルス
・アデノウイルス
 症状:発熱のどの痛み激しい咳などの症状や、結膜炎など眼の病気、下痢などの症状が出やすい。発熱の持続は5日以内で、首や耳の後ろのリンパ節が腫れる。 咽頭炎の原因となることもある。 注意点:プールの水を介して流行しする場合が多くプール熱ともいわれる。 乳幼児がかかりやすい。 

・エントロウイルス
 症状:手足口病などの原因となるウイルス。 発熱やのどの痛み、口の中の発疹などが起こる。手のひらや足の裏などのも発疹が見られることが多い。 注意点:10歳以下の子供のも多い。 

・エコーウイルス
 症状:いわいる夏かぜをひき起こす。下痢、腹痛、軟便などの症状を伴う。 注意点:下痢や腸内で繁殖したウイルスを便と一緒に排泄しようといして起こる症状。脱水症状を起こさないように水分補給を忘れずに。

  
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  美肌力とかぜ予防の生活習慣 All Right Reserved