どうしてかぜをひく

どうしてかぜをひく

美肌力とかぜ予防の生活習慣
  • 美肌のための美肌力とかぜ予防のための体の力を、日頃の生活習慣から備えましょう

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > どうしてかぜをひく

*どうしてかぜをひく・かぜ予防の生活習慣でかぜ予防のすすめ*

●かぜは毎年かならずといっていいほど、ひいてしまうかぜ。
 かぜはだれでもがかかるポピュラーな病気のひとつです。 どうしてかぜをひくのでしょうか。  一人当たり1年に平均して5から6回かぜをきくといわれています。

 さまざまな症状があり、軽く考えると長引いたり、こじらせて重症化の場合があります。  きちんと対処して、ひどくならないように注意しましょう。どうしてかぜをひく

 かぜをひくとだるい、のどが痛い、せきや鼻水が出る、発熱した。など、かぜといってもその程度や症状はさまざまです。 よほど、症状がひどくなければ病院にもかからずに自然に治ることが多いでしょう。

 でも、症状が重かったり、長ひいたりして、体力が回復しないと不安になるものです。 自分の健康を過信せず、家庭で対処できること、受診したほうがよい場合、かぜをきくことを予報する、きちんとした知識を身につけておくことが予防になります。

どうしてかぜをひく
 ウイルスが体内に入るから。 普通感冒は咳やくしゃみで飛び散ったかぜのウイルスを吸い込む、飛沫感染によることもありますが、むしろ、かぜウイルスのついた手が口や鼻、目に触れ、粘膜を通して体内に入る接触感染の方が多いとのことです。

 鼻やのどの粘膜に付着したウイルスは増殖、炎症を起こし、のどの違和感や鼻の不快感などの症状を起こします。

  この期間に安静にすれば、2〜3日で治まることもあります。 症状が進行すると、くしゃみや鼻水、のどの赤みや晴れ、咳、痰などが出てきます。

 その後、発熱頭痛、倦怠感、下痢など、そのときによって、別の症状が出るのは、感染したウイルスの種類などで炎症の進行が異なるためです。

 通常は1週間程度で回復しますが、壊れた軌道組織の修復に時間がかかるために咳や痰鼻水などが多少残ります。 症状が再発したりひどくなる場合には細菌に感染して別の病気を併発している恐れもあるので、医師の診察をおすすめします。

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > どうしてかぜをひく page top 

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  美肌力とかぜ予防の生活習慣 All Right Reserved