かぜの特効薬

かぜの特効薬

美肌力とかぜ予防の生活習慣
  • 美肌のための美肌力とかぜ予防のための体の力を、日頃の生活習慣から備えましょう

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > かぜの特効薬

*かぜの特効薬と生活習慣からのかぜ予防のすすめ*

かぜの特効薬
 対処療法が中心になります。
 かぜは普通感冒、インフルエンザは流行性感冒と呼ばれ、鼻、喉、気管などの上気道(空気の通る道)の急性の炎症によって、起こる病気をまとめてかぜ症候群といいます。かぜの特効薬

 インフルエンザウイルスを攻撃する抗ウイルス薬などが可能になりました。 一方、従来通り、現れている症状を抑えるために、症状に応じたくするを処方する、対処療法も行われています。

 市販の風邪薬を服用するのも、ひきはじめのときや時間がなくて病院に行けない場合は有効です。 かぜの市販薬には、たくさんの種類があります。

 症状が複数ある場合は総合感冒薬、特にきになる症状(咳や鼻水、鼻づまりなど)を説明し適切な薬をアドバイスしてもらいましょう。

 薬を服用するタイミングは注意してください。  症状が複数ある場合は総合感冒薬、特にきになる症状(咳や鼻水、鼻づまりなど)を説明し適切な薬をアドバイスしてもらいましょう。 薬を服用するタイミングは注意してください。

   食前 食事をする20〜30分前
   食間 食事をした2〜3時間後
   食後 食事に後、30分以内

 一度よくなった後に症状が出たり、飲んで数日〜1週間してもよくならない場合は早めに医師の診断を受けてください。

           ◆総合感冒薬
             のどや鼻、発熱などのさまざまな症状に有効
           ◆解熱鎮痛剤
             発熱、頭痛、筋肉の痛みを和らげる かぜのケア
           ◆トローチドロップ うがい薬
             のどの痛みやいがいが、違和感に
            ◆咳止め
             とまらなくなった咳を軽減
           ◆鼻炎薬・点鼻薬
             苦しい鼻づまりやくしゃみ、鼻水

●病院で処方される抗生物質って?
 抗生物質は細胞を殺菌して感染症を予防・治療する薬です。
かぜのウイルスを直接攻撃する薬ではなく、細菌が二次感染による肺炎や予防のため、よく病院で処方されるます。 抵抗力の弱いお年寄りや子供、かぜをながく引いている人、ほかの疾患のある人などに処方されます。

●かぜの症状は体の防衛反応
 ウイルスに対抗するために、体はさまざまな防衛反応を起こします。
かぜの症状はその結果あられるものです。 体内にウイルスが入って細胞に付着すると、細胞はそれを伝える化学物質を放出します。

 それが血管を広げ、そこに血液中のウイルスと戦う白血球を集めます。 血流量が増えるため、血液成分やリンパ液が毛細血管から出てたまり、これが腫れとなって周りの神経を刺激し、痛みの発生して、炎症となります。

 また、一緒に出される別の化学物質が、脳の発熱中枢を刺激をするため発熱がおこります。 くしゃみや鼻水、咳や痰も、鼻やのどの粘膜の刺激されて起こる防御反応の一種です。 咳はかぜが回復期に向かうころに出ることが多く、ウイルスの死骸などを排除しようとするものです。

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > かぜの特効薬 page top 

掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  美肌力とかぜ予防の生活習慣 All Right Reserved