体の中から暖める生活習慣

体の中から暖める生活習慣

 美肌力とかぜ予防の生活習慣
  • 美肌のための美肌力とかぜ予防のための体の力を、日頃の生活習慣から備えましょう

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > 体の中から暖める生活習慣

*中から暖める生活習慣で美肌力のすすめ*

中から暖める生活習慣をしていますか?
 体の中から暖める生活習慣で、お肌をいきいきとさせる美肌力のために、体の中から血行をよくして酸素や栄養素が十分に肌細胞に供給される必要がありあす。

 血行をよくするためにはどんなことに気をつける生活習慣がよいでしょうか。
 栄養のバランスのよい食事と適度の運動、これは健康の生活習慣の基本ですが、美肌力にも通じるわけです。

体の中から暖める生活習慣

 冷えに対してとても効果的なのは、入浴が挙げれれます。 40〜42℃ほどのお湯で20〜30分ほど半身欲がおすすめです。 アロマをプラスすると気分も癒されるでしょう。

 ストレスも万病の元であり強いストレスは、血管を収縮させて体温を下げてしまいます、そんな生活習慣になっていませんか。

 ストレス緩和は自律神経のコントロールなど、すべてに関わっているのが呼吸です。

 少しの間、じっと座って、あるいは寝る前にゆっくりとした腹式呼吸を、習慣ずけてみてはいかがでしょう。 極端な薄着や締め付ける下着はマイナスです。 少しでづつ、めぐりの良い体に変えてく生活習慣にしましょう。

●冷えは女性の万病の元
 若いころに比べて寒さに弱くなった気がしませんか。 その原因の一つに血行がわるくなったために、体の隅々までエネルギーが運ばれなくなり、筋肉も衰えるので、熱の生産もすくなくなって美肌力にもマイナスです。

体の中から暖める生活習慣

 特に更年期障害の女性はホルモンバランスも崩れやすく、自律神経が乱れ、血流や体温調整などがスムースにいかず、のぼせたりしがちです。 こうした血液やリンパの流れの悪さがさえない顔色や目の下のクマ、バラ色とはほど遠い唇のいろや顔や足にむくみなどとなって表れます。

 体の冷えにより、免疫力をになうリンパ球の数大幅に減少します。
 免疫力が下がっていろいろな病気にかかりやすくなるということです。
 冷えには女性特有の病気にも深く関わり万病のもとといわれいます。

●血行を良くし温め免疫力を高める食べ物を選ぶ生活習慣
 いろいろな食品をバランスよく撮るのはもちろんですが、東洋医学でいう体を冷やす陰性の植物、温める陽性の植物という分け方をしてみてはいかがでしょうか。

 陽性のものには、ニンジン、レンコン、ヤマイモ、カボチャなど、大まかな目安ですが、寒い時期や寒い土地にできるもの、土の下にできるもの、といえます。

体の中から暖める生活習慣

 植物や加工品には滋養強壮によいとして、古くから伝承されているものがたくさんあり、その中でも貴重な植物の代表としてサポニンを大量に含む高麗人参、クエン酸やアミノ酸の多い発酵酢、ショウガなどは、冷えや疲れやすい人に珍重されています。 長く人に役立ってきた植物は体全体に働きかけ体内環境を整え、美肌力も人の持っている力を引き出してくれるというわけです。

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > 体の中から暖める生活習慣 page top 


美肌
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  美肌力とかぜ予防の生活習慣 All Right Reserved