理想的な美肌を作る

理想的な美肌を作る

美肌力とかぜ予防の生活習慣
  • 美肌のための美肌力とかぜ予防のための体の力を、日頃の生活習慣から備えましょう

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > 理想的な美肌を作る

*理想的な美肌を作る美肌力の生活習慣で美肌力のすすめ*

理想的な美肌を作る
皮膚も新陳代謝を繰り返して入れ替わっています。 この新陳代謝のサイクルも25歳をすぎる頃から低下していきます。 そのために、乾燥、弾力の低下、シミシワなどの肌トラブルが増加します。

 美肌を作るためには、肌細胞の新陳代謝のサイクルの低下をくい止め、理想的な美肌を作ることが必要です。

 人間の肌の構造は大きく表皮と真皮に分かれます。 表皮の厚さは0.3〜0.6mmで有棘層、顆粒層、角質層の4層に分かれます。 体内で新しい細胞を作っているのは幹細胞という細胞です。 皮膚の中では、表皮の基底層にこの幹細胞が多く存在し、分裂を繰り返して新しい皮膚細胞を生み出しています。

 この基底層の幹細胞で誕生した皮膚細胞が、有棘層、顆粒層に移り、保湿や紫外線防御などの役割を果たしています。

 そして、徐々につぶれて、平たくなって表面で角質化した後に、アカとなて剥がれ落ちて行きます。理想的な美肌を作る これが、皮膚の新陳代謝です。

 美肌にとって新しい細胞を作る基礎層と保湿、弾力や紫外線保護の働きを持つ有棘層、顆粒層の働きが重要なわけです。

 通常の化粧品は、角質層の表面を一時的に保護する対症療法的なものにすぎません。 肌の美容を考えるうえで、忘れてはいけないものが活性酸素の存在です。

 活性酸素とは生物の細胞が、生体防御反応として作り出す物質ですが、細菌やウイルスなどの撃退にも効果を発揮しています。 この活性酸素が増えすぎると、自らの細胞を傷つけ、老化させたりする原因にもなります。

 この活性酸素は、体がストレスなどにより攻撃を受けると大量に発生してしまいます。 現代社会は、電磁波、喫煙、食品添加物、大気汚染などのストレス要因になるものが多く、体内で活性酸素の発生が絶え間なく起き、アレルギー、がん、生活習慣病の大きな原因となっています。 もちろん肌のトラブルの原因にもなるわけです。

●理想的な肌環境作りで大切なこと
理想的な肌環境作りで大切なことは、新陳代謝を活性化することと、活性酸素の発生を抑えることになります。 新陳代謝を活発にするには、細胞の活動を促しエネルギーを運搬する力を上げなければなりません。

 細胞内エネルギーの生産や運搬を助けるものとして、コエンザイムQ10などの成分が揚げられます。
 また、細胞を活性化するために、血行をよくして、酸素や栄養素を効率よく運ぶことが重要ですが、そうした働きを持っているのが、松樹皮ポリフェノールや緑茶ポリフェノール(カテキン)です。  肩こりや血行障害の改善に良いといわれている栄養素です。 理想的な美肌を作る

 抗酸化作用の栄養素として、ビタミンCやビタミンEなどが有名ですが、50〜200倍の活性酸素の抑制に強い働きがリンゴポリフェノールやブドウ種子ポリフェノールなどにはあるようです。 そうした成分がシミの除去などには絶大の働きを発揮するでしょう。

 肌の保湿の主役としていえるものが、ヒアルロン酸です。 ヒアルロン酸は肌や関節などに多く存在している物質で、体内の水分を適度に保ったりするのに役立ちます。

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > 理想的な美肌を作る page top 

びはだ
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  美肌力とかぜ予防の生活習慣 All Right Reserved