美肌力を助ける成分

美肌力を助ける成分

美肌力とかぜ予防の生活習慣
  • 美肌のための美肌力とかぜ予防のための体の力を、日頃の生活習慣から備えましょう

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > 美肌力を助ける成分

*美肌力を助ける成分で美肌力を助ける生活習慣のすすめ*

美肌力を助ける成分
 さまざまなサプリメントが出ていますがが、美肌力を助ける栄養成分は食事から補うのが原則です。 足らない分を補ういみではサプリメントは大変助かります。

 美肌力を保つために、特にビタミンA、ビタミンB群ビタミンC、ビタミンE、L-システインにはビタミンCの作用を助ける働きがります。美肌力を助ける成分
 ほかに抗酸化力の強い成分をおすすめします。 肌のトラブルに現れるような体の老化は、体内に発生する多量の活性酸素が原因といわれています。

 これは体にできるサビのようなもので、老化が進みさまざまな病気の引き金になるものです。 抗酸化力とは、この活性酸素の生成を防ぐ働きのことです。

 美肌力にもこの活性酸素を抑える抗酸化力が力を発揮することになります。

 トマトなどの緑黄色野菜やお茶、赤ワインなども抗酸化力があります。 食事でも栄養バランスをよく食べることをおすすめします。

 日ごろ、身近にドライフルーツ ブルーベリーやラズベリープルーンなどのドライフルーツは生に比べるとビタミン類や抗酸化の力が強いポリフェノールなどの栄養素が凝縮され、保存も簡単で優れています。 手軽に摂るには、プルーンヨーグルトに入れるのがおすすめです。

 また、肌のうるおい成分の減少などの老化現象に女性ホルモンのような作用がある「植物性女性ホルモン様成美肌力を助ける成分分(イソフラボンなど)」も意識して摂ることをおすすめします。

 体の基本は水とアミノ酸(たんぱく質)です。 アミノ酸もそれぞれに働きが違います。 アミノ酸の中でも、 アルギニンは色んなアミノ酸のうち、肌のうるおいを保ち肌の若々しさを保ち美肌力アミノ酸の一つであることが期待されます。

 また、成長ホルモンの分泌や一酸化窒素の産生を促進することにもかかわっています。

●メラニン色素がシミを作る?
 メラニン色素は体を紫外線から守る大切な働きをしています。
 もしメラニン色素がなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込み、ちょっと紫外線を浴びただけで、水ぶくれや 炎症を起こすことになります。 また、紫外線によってDNAを破壊され、皮膚癌などになってしまうのです。

 嫌なシミを増やしてしまうのも確かですが、メラニン色素は私たちの体を守る大切な防衛物質なのです。 メラニン色素を含む表皮細胞ができることにより、お肌にバリアゾーンをつくり守ってくれているのです。 メラニンを過剰に作らせないこと、このメラニン色素と上手に付き合うことが、美肌の秘訣です!

 紫外線が肌にあたると、 情報伝達物質(活性酸素、メラノサイト刺激ホルモン、エンドセリンなど)が発生します。 メラニン色素は活性酸素をの刺激でつくられるのです。

●色素や香り、アクの成分など植物性食品の化学物質ファイトケミカル
 緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンなどに代表されるカロテン類、淡色野菜のイオウ化合物類、お茶や赤ワインに含まれるカテキンのポリフェノール類、ブルーベリーの色素のアントシアニン、かんきつ類の苦味や香りの成分のテルペン類などがあげられます。

 これらは、抗酸化作用や免疫力を高める作用が認められ、活性酸素対策の効果があることなどが発見されています。

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > 美肌力を助ける成分 page top 

びはだ
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  美肌力とかぜ予防の生活習慣 All Right Reserved