紫外線対策は美肌力

紫外線対策は美肌力

美肌力とかぜ予防の生活習慣
  • 美肌のための美肌力とかぜ予防のための体の力を、日頃の生活習慣から備えましょう

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > 紫外線対策

*紫外線対策の生活習慣で美肌力のすすめ*

紫外線対策の必要性?
 紫外線対策は夏場だけでよいと思っていませんか、紫外線は一年中地表に届いています。
 肌のダメージの8割は、紫外線の影響によろともいわれています。
 外に出るときは、パウダーファンデーションで必ず対策をおすすめします。
 日焼け止めというと、クリームタイプのものを塗らないと万全ではないと思っている人が多いようです。 そういうことではありません。

 普段の生活にはパウダーファンデションは、肌の外側に粒子で壁をつくるため、それだけでも十分に紫外線防止の効果があります。紫外線対策は美肌力

 日中ずっと屋内にいる場合はパウダーファンデーションを塗る程度で十分です。 真夏の晴れた日には、ほお骨にパウダーファンデーションを重ね塗り日傘などを使うとよいでしょう。

紫外線対策の日焼け止めSPF、PAてなに?
 SPF(Sun Protection Factor)は何も塗らない状態とくらべ日焼けがはじまる状態まで、どのくらい時間がかかるかの目安で、PA(Protection Graie of UVA)は紫外線の防止効果を+、++、+++、の3段階で評価します。 日常生活ではSPF20、PA++くらいがおすすめです。 厚く塗ると効果は上がります。

●内から抗酸化成分で紫外線対策
 良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルは、肌の抵抗力を高めます。 しみのもとになるのは、紫外線が当たると活発に作られるメラニン色素です。 ビタミンCには、このメラニン色素の生成を抑える働きがあるため、しみ予防に良いといわれます。

 ビタミンCは野菜や果物に多く含まれています。
 旬の食材には、ビタミン、ミネラルが比較的多く含まれています。 ビタミンCも含め、アスタキサンチ、CoQ10などの紫外線対策に有効な栄養素をお忘れなく。 これらの食品を意識的に取り入れましょう。

●紫外線の健康へのマイナスの影響。
 シミ・シワといった美容への影響はもちろんですが、免疫力を低下や白内障など、健康への影響が気になります。年齢や性別にかかわらず、今からしっかりと紫外線対策を行いましょう。<

 紫外線は皮膚がんのもとになることが最近の研究で分かってきています。 もともと、がんとは、遺伝子の異常によって起こるものです。

紫外線対策は美肌力 日焼けを繰り返すことで、たびたび遺伝子が傷つき、免疫力が低下すると細胞に突然変異が起こって、がん細胞を発生させてしまうのことになります。

 手遅れになるまえに、無駄な日焼けを避け、健康な美肌力を持てるようにこころがけましょう。

●2種類の紫外線の影響
 紫外線はA波とB波、そしてC波に分かれます。
 波長が短いほどエネルギーが強く体への影響力を持っていますが、オゾン層にC波はカットされているために、ほとんど地上には届きません。

 日ごろ浴びているのはA波とB波で、B波は、A波の1000倍以上の刺激力持つため、短時間浴びるけでも日焼けをしますが、波長が短いためにオゾン層で吸収され、地上にはわずか届かず、ほとんどがA波です。

 A波は、1年中太陽光線のなかにあり、冬でも半分しか減りません。波長が長いためにに窓ガラスなどを通り抜けて作用します。

 強い日差しのB波でできたシミを肌の奥まで浸透するA波がシミを濃くしているのです。 こうした紫外線による光老化は加齢による老化と違い、きちんと紫外線対策をしていれば防ぐことが可能です。

●薄毛の人は要注意
 薄毛の人にはもともと毛根に含まれる抗酸化物質が不足しがちであり、紫外線の影響で活性酸素が発生すると紫外線防御機能がはたらかなくなり、薄毛を促進してしまうのようです。

美肌力とかぜ予防の生活習慣 top > 紫外線対策 page top 

びはだ
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  美肌力とかぜ予防の生活習慣 All Right Reserved